NAKATA元編集長のブログTOKYO VOICE

アクセスカウンタ

zoom RSS 永井豪先生の本をプロデュースすることに!!

<<   作成日時 : 2009/06/05 23:06   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


石ノ森章太郎先生に取材でお会いしたのは、もう14年程前のことです。その時私は新雑誌のディレクターをやっており、ある特集の取材でライターとカメラマンを伴って石ノ森先生のご自宅にお邪魔しました。先生の自宅前には大きな仮面ライダーの人形があり、それが目印でした。

石ノ森先生の取材が終わった後、雑談で日本のマンガ業界の実情についての話になりました。私の部下や同僚に外国人が多く、また外国にはよく取材で行っていましたので、日本のマンガやアニメがいかに外国人に支持されているのかを身をもって体験していましたが、しかし、今でこそ「アニメは日本の文化」と首相以下声高に叫んでいますが、当時はまだ文化としてのアニメの地位が低く、マンガ家もまだまだ不遇の時代でした。

それを石ノ森先生はとても憂っていて、「日本のマンガに携わっている人たちが誇りを持てて、日本のマンガ文化に貢献できることを何か一緒にやりましょう!」と私に声をかけてくれました。

しかし、当時雑誌が創刊されたばかりで私が超多忙だったということや、石ノ森先生ほどの大先生と若輩者の私が一緒に何をやればいいのか、その切り口が見つからずいつのまにかこの話はうやむやになってしまいました。

そして石ノ森章太郎先生の訃報。私の心の中には約束を果たせなかった穴がぽっかりと空いてしまっていました。

画像


そんな中、偶然にも尊敬する永井豪先生と知り合うことができ、しかも永井豪先生は石ノ森先生のアシスタントもされていました。何という奇遇!これはきっと石ノ森先生のお導きに違いありません!

そこで永井豪先生にこのことをお話しすると、二つ返事で「日本のマンガ文化貢献のために一緒に本を作りましょう!」と言ってくださいました。企画の概要はもう承諾していただいているので、後は章立てや内容の詳細なツメをこれから打ち合わせることになっています。

長年の夢であった日本のマンガ文化に貢献できる本が、2人の日本を代表する漫画家の意志を経て世に出るのも間近です。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カスタム検索
永井豪先生の本をプロデュースすることに!! NAKATA元編集長のブログTOKYO VOICE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる